守岡裕志(もりおかひろし)プロフィール

Pocket
LINEで送る

守岡裕志 Hiroshi Morioka
「合同会社ココロザシ」代表CEO。
世界を旅しながら企業の売上をあげるコンサルタント&ノマドワーカー。
病気から脱サラ。毎月海外に行く生活も3年に

Twitter
Facebook
Instagram(公式)
Instagram(非公開プライベート版※お会いしたことがある人専用)
note
VALU

1978年生まれ 兵庫県在住

事務所を持たず、人も雇わない。
あたらしい働き方で自立した仲間たちとプロジェクト単位でチームを組んでいます。

世界を旅しながら、世の中に埋もれた素晴らしいプロダクトやサービス、素晴らしい人をお繋ぎしつつ、投資していきたいと考えています。

このページでは、守岡裕志についての経歴から考えていることなどを書きたいと思います。

14188646_1161315680573293_8539533415807073422_o

守岡 裕志(もりおか ひろし)の経歴

1978年

誕生

1985年頃

あまりに誰にも話してなくて、何故かはわかりませんが、僕には小学生2年生以前の記憶がほとんどありません。
小学生1年生の時に転校をしたのですが、それ以前に遊んでいた人の顔も名前もまったく覚えていません。
後に高校に入った時に、幼稚園で仲良くしてた友人から声をかけられましたが、まったく記憶になくて謝ったことを覚えています。

なので、覚えているのは小学生時代から。

小学生時代はなんの特長もない、普通の小学生だったと思います。
成績もスポーツも抜きん出ているところはまったくなくて真ん中か、中の上ぐらいの目立たない存在。
負けず嫌いなところと、他の人と違うことをしたいという意欲だけがあったのは覚えています。

ガリガリでチビだったのに、なぜか柔道を5年間やってました。(まともに勝利した記憶がありません、ほぼ全敗)

このころは、なんとなく漫画家になりたくて、オリジナルの漫画を書きまくっていました。

きたきた。親父の経営するスナック。 よくこの地域で生き残ってるものだ、、、尊敬。

ココロザシ 守岡裕志さん(@cocoro_morioka)がシェアした投稿 –

父親はスナックを経営してたので、夜は弟と二人ですごす生活。
このころから、「何でも自己責任でやらないと」という意識は高かったです。

1991年−1994年 中学時代

中学時代も小学時代と同じく、成績もスポーツもパッとしない感じ、カラダの発育もまわりの人よりも遅くて身長も全然伸びず、劣等感を感じてたような気がします。

ただ、身近な友人には負けたくないという気持ちが強くて、友人に勝てば、次の友人とターゲットをかえて成績を少しづつ伸ばしていきました。
部活はバスケットボールを。(ずっと補欠でした)
思春期らしく色々な問題もおこしました。原付の後ろにのったまま、ノンブレーキで交差点に飛び出し車にひかれて記憶を失うも奇跡的に生還ということも。

1994年−1997年 高校時代

受験戦争というレベルのことはなくて、ほぼエスカレーター式にはいれる地元の高校に入学。

この辺りから自分の勉学が開花しはじめ、グングン学力が伸びていき高校3年生まで右肩上がりで成績を伸ばしました。
スタート時は普通クラスでしたが、2年生からは上位クラスへ。
カラダの成長もこの時期急激に。身長も一気に150㎝台から170㎝台へ成長。

特に数学と化学が得意で、学校内のトップクラスにまで上りつめました。ただ、国語、英語、地理などは苦手で典型的な理系タイプ。
でもその苦手を克服したくて、通学中に英単語帳を読みながら自転車に乗ったり、先生に直談判して特別授業をしてもらったり勉強にハマっていました。

ゲームするか勉強するか音楽きくか みたいな偏った生活。

そのおかげで、大学の推薦枠を獲得でき、無事に行きたかった大学に推薦で入学。
進路が早い段階で決まったので、18歳になったらすぐに車の免許を取り、徐々に遊びを覚える。

ただ、将来何をしたいか?ということは全然わからず。
好きだったゲームが作れるゲームクリエイターになれたら。
そしたらパソコンを触れる大学がいいかな?でも情報科は難易度高いから電子工学科に行くか・・ぐらいな軽い気持ちで将来を考えていました。

今思うと本当に恥ずかしいです。

1997年−2001年 大学時代

推薦で入学したものの、周りの勉学のレベルの差に圧倒され、一気に勉学のモチベーションが下がります。
勉強で勝負してもかなわないから、違うことで勝負したいと、ファッションや車、アルバイトなど道から外れた方向へ、、、。

毎週のように髪色を変えたり、かなり遊んだと思います。
アルバイトは家庭教師、塾の個人指導、CD&ゲーム店店員など。どれも今に生きてて楽しかった!
このころから人がどんなことがきっかけでモチベーションがあがるか?とか、どんな風に表現すればモノが売れて、在庫はどれぐらいか?などずっと考えていましたね。バイトにもかかわらず、仕入れの数字などもすべて僕が決めていました。

そして、僕の大学は留年率が40%くらいだったのですが、友人の助けや、要領の良さで、なんとか留年せずにストレートで卒業!(ギリギリ1単位足りるという)
運が良すぎます。

就職も運良く、自分のレベルでは普通はいけなくて、なんとなく行きたいところが推薦枠で空いていて、なんとストレートで内定!
まさに運だけで、なんとなく進路を決めてしまったのです。

この頃からゲームに引き続いてパソコンにハマり、自分のWEBサイトを作って、自分のブログのようなものを運営していました。
ケータイも普及しだしたころですが、すぐに新機種に変えたり、2台持ちしたり、、、ハマってましたね。
デザイン的なこともド素人レベルではじめていました。

周りの人よりもアルバイトでかなり稼いでいましたが、使う額も半端ではなかった!
ゲームに数百万円は確実に費やしてる。

ただ、これらの経験が、デザインやマーケティングなど今一番生きている気がします。

2001年−2004年 大手電機会社のシステムエンジニア時代

大学卒業後、大手電機会社の自動車制御関連システムエンジニアとして3年勤める。
入社当時から、まわりのレベルの高さや、自分がやりたいことではないことに苦悩の毎日。
それに加えて、いつも夜遅くまで残業の毎日だったので、一番疲れていた時期ですね。

それなのに何かを得たくて、休みの土日はピザの宅配バイトをしたりとバイタリティはあり余ってました。

安泰な人生を過ごすかのように思えたが、この時期に主流であった終身雇用の危うさを常に感じながら、本当に自分が生き残れる生き方、そしてやりたいことを真剣に考えるようになる。

この頃に少しだけバンド活動も開始。

2004年 無職の時代

周りの反対にも負けず大手電機会社を退職。この時25歳。
自分がどういう立ち位置になっても生き残っていけるようなスキルを身につけることと、地元に恩返しができるような仕事をしたいと考え、そのためにはデザインをツールとしたWEBの知識を学ばなければと決め込む。

このころから、明らかに自分の人間性が変わりつつあったと思います。
自分で事業をやるための行動に変わった。
人に対する感謝の気持ちも感じられるように。

趣味でWEBサイトなどは作っていたものの、ビジネスとしては初めての業界だったので職業訓練校にて基礎を学び、就職活動。
同時に気に入って乗っていた車を即売ったりと生活を徹底的に切り詰め、アルバイトを複数掛け持ちすることで生計を立て、生きる力も身につける。

電話対応や企業との折衝を学ぶため、朝5時からのアルバイトから始まり、夜は接客を学ぶために居酒屋のバイトを深夜までやるなど、今思えば無茶なことをしていたと思います。今では考えられない!

バンドのWEBサイトも作りました。当時は流行っていたFLASHで作ってたので、スマホでは見れませんが!
これがまともに作ったWEBサイトの1作品目ですね。
バンドのWEBサイト

2005年−2006年 レディースアパレルネットショップのWEBデザイナーの時代

レディースアパレルネットショップのWEBデザイナーとして転身。

当初、時給1000円のアルバイトとしてスタートしたが、ネットショップ(楽天市場)の売上を短期間で倍増することで3ヶ月後には正社員に。
さらに2ヶ月後には主任としてWEBデザイン・バイヤー・システム関連などあらゆる経験をさせていただき、ネットショップに関わるディレクター的な役割を任される。自分でもものすごいスピード感でした。
この時26歳でマンションも購入。そして結婚。

ネットで売上を伸ばすためのノウハウを習得。この時に、生まれて初めての海外出張。香港へ。毎月のように。
売上を上げるための商品作り・目利き、施策の基礎をここで作り上げます。

毎日終電、泊まりも多かったけど、得るものも大きかった。
初めての海外もあまりにも衝撃的。

2006年−2011年 デザイン事務所時代

売上を上げるだけではなく、デザイン及びプロモーションをさらに深く追求するため、デザイン事務所に所属。
ここでも「売上を上げる」感性とディレクターとしての素質を高く評価していただき、ネットショップの企画・デザインをフル担当させていただきながら、WEBディレクション、WEBデザイン、グラフィックデザイン、カメラも担当。

また、予算をかけたWEBマーケティング、芸能人を生かしたプロモーション、TV CM制作立会いなど様々なクリエイティブの経験を得る。
社内でもNo.2としての生き方を、ブラックな部分も含めて徹底的に叩き込まれました。

ここでも自分が主担当で関わったことは、すべて売上を圧倒的に向上。

「クリエイティブ」✕「売上を上げる」ことで生きていくことを決意。

この頃から、公認で個人としての活動にチャレンジ。
ホームページ制作、楽天市場出店店舗のコンサルタント&デザイナーとしての活動開始。
個人としての活動としても、クライアント様の売上を圧倒的に向上させることに成功。より自分でもっと動きたいと思うようになりました。

2010年 ココロザシ活動開始

ココロザシ

個人として順調にいっていたものの、会社勤めとの2足のわらじを続けていました。
その中で個人としての動きに限界を感じ、チームとしての動きをやるべきだと、
2010年より新しい働き方の実践を目指すチーム「ココロザシ」の代表として活動を開始。

サラリーマンをしながら独立を志す仲間、海外移住を目指す仲間、子育てをしながら最高のデザインをしてくれる仲間、ポテンシャルが高すぎる仲間、、、など色々な仲間と出会い、クライアント様のサポートを実施。
 
デザイン事務所は5年半で退社。その次にお世話になっていた経営者の方と一緒に仕事をしたくて、姫路のデザイン会社にて数100店舗のサポートをココロザシとの2足のわらじで取り組みます。
しかし、ハードワークにより約一年半で病気になってしまう。20代の時のような無理はきかなかった訳です。

約1ヶ月の休養から自信を失い、ドン底の状態だったところを、今もお世話になっているRayMatayoshiさんを合同会社cocowaの松本さんから紹介いただき、その話から独立を決意。

ココロザシ一本でやっていくことを決める。この時35歳。
 
ここからは速かったです。今までのくすぶっていたものがすべて解放されるイメージ!!

 
独立後は凄まじい勢いで行動力が湧いてきて、ココロザシとしても順調に売上を伸ばしました。
世界を旅しながら、大企業から個人店まで様々な企業の売上を伸ばし続けることで生計を立てることができています。

真面目に志事してます。 #ココロザシ#trip #phiphiisland #thailand #phuket #nomadstyle #nomad #ocean #海 #ノマド #ノマドワーカー

ココロザシ 守岡裕志さん(@cocoro_morioka)がシェアした投稿 –

累計でいうと今まで150社ぐらいを見てきたとおもいますが、今は毎月海外に行けるペースを守って自由に動けるようにもしたくて、20社くらいを濃くコンサルさせていただくように。
色々とご紹介をいただきますが、来るもの拒まず状態ではないので申し訳ございません。

”ホンモノにスポットライトを”のテーマにあう企業様だけに限定させていただいております。

また新しい取り組みとして、企業やショップだけではなく、以前から深い仲である合同会社cocowa松本博樹さんの運営する「ノマド的節約術」などのブログメディアもサポート。
そして合同会社cocowaとは「世界の空港ラウンジの情報サイト 空港ラウンジ.com」「日本全国のおみやげデータベース OMIYA!」も共同運営。

今のところすべて紹介案件だけで取り組みさせていただき、本当に感謝です。

時代の流れとともに売上を上げる手法も変わってきます。
僕は徹底的に洞察力を伸ばし、そこを追い続けていき一緒に売上を伸ばして喜びたい。
そこを生きがいとしています。

そのために、勉強だけでなく遊びのように見えることも積極的に取り組んで吸収していきます。

それらを最大限に生かしSNS関連のマーケティングサポート、ブランディングサポート、ドローンを活用した撮影案件など、時代に合わせて取り組みをグレードアップさせています。

意味のないようなことに一番意味を感じていて、「何をやっている人か分からない」と言われるのが狙いでもあります!

プライベートでは、ホノルルマラソン完走、ホノルル・センチュリー・ライド完走など新しいチャレンジも達成。

ホノルルマラソンの写真が届いた! これが一番お気に入り! #ホノルルマラソン #hobolulu

ココロザシ 守岡裕志さん(@cocoro_morioka)がシェアした投稿 –

2015年5月15日 「合同会社ココロザシ」として法人化

開業よりありがたいことに右肩上がりで売上は向上。2015年5月15日に法人化させていただきました。

新しい働き方を実践する仲間と、
ホンモノにスポットライトを 。”夢を叶える場を提供する”ことを目指してーーーーー。
一人でも多くの人が、自分自身で生き抜く力を身につけ、自立した人生を実現することを支えていきたい。

デザイナーの中には本当に才能を持っていても光を当てられていない人もいる。
企業の中には本当にいい商品を持っているのにどう売っていけばいいのかわからない会社もある。

では、両方を発掘して上手くマッチングさせることができれば、もっと多くの才能あるデザイナーたちが活躍できて、もっと多くの素晴らしい商品が世の中に出て来るのではないか、と生まれたのが『ココロザシ』というチームなのです。

多くの信頼できるノマドワーカーたちとタッグを組み、ディレクターとして手掛ける案件すべてを「売上アップ」という形で成功させていきたい。

クライアント様と仲間、双方に後悔しない仕事したい。
もし自分が明日死ぬとしたら今の仕事が本当に後悔ないものかどうかを考えて真剣に仕事に取り組んでいます。

ココロザシとは?


ノマドワーク

行ったことがある国(街)

東南アジア

・タイ(バンコク、パタヤ、チェンマイ、プーケット、クラビ)
・韓国(ソウル)
・ベトナム(ダナン,ハノイ,ホーチミン,ニャチャン)
・台湾(台北、台中、台南)
・フィリピン(セブ(+オランゴ島))
・マレーシア(ペナン)
・中国(上海、義烏、深セン、恵州、中山、マカオ)
・香港
・インド(ニューデリー)
・ラオス(ビエンチャン)

【帰国しました!】 . ラオス・ビエンチャン→タイ・バンコクから帰国しました。

ココロザシ 守岡裕志さん(@cocoro_morioka)がシェアした投稿 –

オセアニア

・オーストラリア(ゴールドコースト・シドニー)
・ニュージーランド(オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ)

星空を眺める贅沢。 #旅 #trip #ノマド #nomad #夜空 #newzealand

ココロザシ 守岡裕志さん(@cocoro_morioka)がシェアした投稿 –

アメリカ

・ロサンゼルス
・ラスベガス
・ホノルル
・グアム

ラスベガス。 #trip #旅 #lasvegas #ラスベガス #nomad

ココロザシ 守岡裕志さん(@cocoro_morioka)がシェアした投稿 –

ヨーロッパ

・フランス(パリ、シャンパーニュ・アルデンヌ、シュルジェール、ラ・ロッシェル)
・ベルギー(ブイヨン)
・オランダ(アムステルダム、アルクーマ)

【note無料開放中!】海外に旅しながらも稼ぐために、どうやって仕事のパフォーマンスを保つことができるのか?私が必ずやっていること

日本国内を色々とめぐるのも好きですよ。

与論島はドローンを飛ばすには最高すぎる。 #yoron #drone #ドローン #mavicpro

ココロザシ 守岡裕志さん(@cocoro_morioka)がシェアした投稿 –

現在運営中のココロザシ自社サービス

企業様の売上向上をサポートするだけではなく、自社でもサービスを展開。

ココロザシ
ココロザシ ネットショップ・ECサイト 売上アップ方法
世界の空港ラウンジの情報サイト 空港ラウンジ.com ※合同会社cocowa共同運営
日本全国のおみやげデータベース OMIYA! ※合同会社cocowa共同運営
ネトビジ!-ネットで賢くお金を貯める方法
オデ速!-タレント・俳優・歌手・声優・モデル・舞台などのオーディション情報

他にもいろいろありますが、公開できないものばかりです。

一緒に色々と取り組める仲間募集中です!!

関連サイト

ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法

空港ラウンジ

OMIYA!

ネトビジ!

オデ速!

ノマド的節約術

Twitterやってます。


cocoro_moriokaのツイログ

instagramやってます。

美しい。 #旅 #ノマドワーク #nomad #nomadwork #nomadlife #ノマド #料理 #France #フランス #旅行 #ビジネス

ココロザシ 守岡さん(@cocoro_morioka)が投稿した写真 -

Instagram