1. HOME
  2. ブログ
  3. ライフハック
  4. iMacの移行アシスタンスは”残り1分以内”からが長いらしい

BLOG

ブログ

ライフハック

iMacの移行アシスタンスは”残り1分以内”からが長いらしい

表題のとおりですw

自宅の作業環境を見直すために、かなりスペック的にもたつきはじめていたiMacを入れ替えることにしました!
オークションで程度の良さそうなものがあったので早速導入。

前:iMac Core2Duo 8GB 500GB         21.5inch (late2009)
後:iMac Core i5 8GB(増設予定) 1TB(FusionDrive)  27inch (late2012)

私自身はじめての乗り換えなので、色々調べてみると「移行アシスタンス」というappがあるようで、めちゃくちゃ簡単にすべてのデータをまるごと移行できることがわかった。

今回この「移行アシスタンス」においてかなり苦労をしたので残しておこうと思います!

まず、手持ちではThunderboltケーブルがなかったので、LANケーブルを直接つないで、早速やってみた。

imac 移行アシスタンス LANケーブル

操作自体はかなり簡単だが、待ち時間は長そう

早速「移行アシスタンス」での移行をやってみると、「残り5時間」などの表示になったり「残り19時間」という表示になったり全くもって不安定な状態でした。これも色々調べてみると、同じような状態の人が非常に多いようですね。
特に無線LAN経由などでやると、そのゆらぎは大きいようです。

不安になりつつも一晩寝かしてみました。

imac 移行アシスタンス

移行前のiMac固まる!

朝起きて、状態を確認してみると、どうやら移行前のiMacの方が固まってしまっているようです。
このままでは無理だろうと、どちらも強制的に電源を切り再起動。

Mac OSのバージョンがあっていなかったことが原因だったかもしれないと、バージョンを統一し、「移行アシスタンス」再トライ。

そのまま外出した。

帰ってくると”残り1分以内”表記に!

imac 移行アシスタンス 残り1分以内
帰ってくると”残り1分以内”表記になったました!

おおっ!これはちょうどもうすぐ終わりの段階だったか!と喜んでいたのですが、この「残り1分以内」の表記から1時間程経過しても全く変化の兆しがありません。
両iMacも固まっている様子もないし、、、エラーもでていないので、ただその時の私の早とちりで、また電源を入れなおしてしまいました。

色々調べてみると、この”残り1分以内”からが長いらしく、ほとんどの人が30分などで完了しているにも関わらず、10時間!もかかって成功したような人もいるようで、もっと根気よくまっていればよかったのか。。。などと少しくやみます。

そして3回目、またも「残り1分以内」の表示が続いています・・・約10時間は経過していますが、、、、
もう1日放置してダメそうならThunderboltケーブルを導入しようと思います!

これもAppleの戦略なのか・・・!?

結局どうだったのか?

実は結局「残り1分以内」から回復することはなく、何度やっても同じ結果でした。
そこでThunderboltケーブルを至急、導入して試してみたのですが、なんと移行前のiMacがThunderboltケーブルに対応していないという恥ずかしい結果に・・・・!

結局、AirMacとDropboxベースに地道に移行しました!w

ココロザシ代表。毎月旅する経営者。

ホンモノにスポットライトを当てたい!個人〜大企業の約150社売上UP実績。売上UPを実現して好きなことで生きてほしい。
クラウドファンディングアドバイザー®。

書籍『毎月旅して生きていく〜英語。お金。時間。言い訳だかけの人生はやめよう〜』
note版 →楽天kobo版 →Kindle版

Youtubeチャンネル(もーりーチャンネル

リラクゼーションサロン経営。(ノアココロン
詳しいプロフィールはこちら
売上UPサポートについてはこちら

Pocket
LINEで送る