1. HOME
  2. ブログ
  3. ココロザシの考え方
  4. 今年もありがとうございました。これからの取組み

BLOG

ブログ

ココロザシの考え方

今年もありがとうございました。これからの取組み

ココロザシ そして 私に関わっていただいた皆様、今年1年本当にありがとうございました。

今年一年は本当に皆様に助けられ、そして、初めて本格的に自分のメリット以外の部分を重視したアクションができた感謝の1年だったと思います。

今思うと、昨年までは自分のステップアップや稼ぎなどをどうしても優先していただと思います。Give&Takeを重視した、結局は見返りを求めるような行動が多かったと思っています。
それを今年からは「求めない」「Give Give Give,,」をテーマに活動しました。もちろん苦しい部分もあったのですが、感謝の気持ちの方がでてくるほうが多く、これはさらに来年深めて行きたく思っています。

各クライアント様にもまだまだ未熟なチームであるココロザシに対して下請け的な感覚ではなく、チーム的感覚としてお付き合いをさせていただき、本当に感謝しております。
結果がでてきたところ、これからでそうなところ、まだまだこれからのところ、様々ですが、ともに力をあわせて進化していければ幸いです。精進いたします。

そしてさらにトライしたいところがあります、、、

先月のことになりますが、私にとっては時間も費用も大きめの投資をして、リーダー関連のセミナーにいってきました。

そこで学んだこと、自分の中ですべてが繋がったことが一つあります。

それは・・・
これからの時代のリーダーは
「人を動かす」ではなく「人のココロを動かす」
ことが求められるリーダーであるということ。

やはり、今の動きをしていると、本当に自分自身がリーダーとしてふさわしい動きをできているのか・・・?
そもそもリーダーの定義が昔と今では違う部分もあるのではないか・・・?

などと色々とセミナーに向かう道中にも考えていました。

なぜ、このように感じたかというとやはり高度経済成長期を経験された世代と、
それをまったく経験できていない世代には圧倒的に求めるリーダー像が違うのではないかとなんとなく感じていたのです。
でも確信めいたものがなく、でもそれを信じて動いているというような感じでした。

人間ってすべてバランスが大事だと思います。
「人を動かす」リーダーであれば半強制的に動かされるとそのバランスをとるための報酬だったり食事の機会だったりと見返りをしやすかったのですが、今の時代はそういう部分は極めて低く捉えている人が大半ですし、今頑張れば将来的に何倍も稼げるからガマン!というような考え方はしにくくなっていると思います。(もちろん一般的な話で、そういう考えて動いている若い世代の人もいます)
そういう状況の人に今までよかったやり方を実践しても、なかなか上手くいかないのが大半ではないかと思うのです。

やはり今の時代におかれている世代の状態を捉えると、強制的に動かすではなく、自らやりたい!ついていきたい!と思うような”ココロを動かす”ようなリーダー像が求められる部分が大きいと思うのです。

ちょうど私の世代はその中間に位置する人が多いので、どちらのやり方も理解できる貴重な世代だと思います。
しっかり橋渡ししてあげることも重要ではないかと思うのです。
どちらもメリット・デメリットがありますが、「人を動かす」という重要性も理解し、「人のココロを動かす」ような取組みを来年はやっていきたいとおもいます。

その1つとして私も含めて特に”家族”を大事にできるようなチームになりたいと思います。
それが、最終的にメンバーやクライアント様の信頼につながり、よい志事ができるようになると信じております。
特にご家族のイベントや地域のイベントは重視していただき、私達はそれをサポートできる体制を整えていきたい。そしてそれを無責任にしないチームに。
それがこれからの時代にフィットしていると思う。

私自身、今の娘が生まれるところに立ち会えなかったこと、亡くなったおばあさんに満足に会えなかったことなど、やはり家族のイベントを重視できなかったことは未だにココロにひっかかりを覚えています。でもその時はどうしようもないと考えていました。

でもそうではないと確信している今、これから発生する子供のイベントなどもできる限りいけるような体制にしたい。それは私だけではなくチームとして。

まだまだトライしたいことはありますが、確実に充実の一年が待っていると前向きに捉えています。本当に楽しみです。そう感じさせていただいている皆様に感謝です。

皆で成長し、目標達成の喜びを分かち合いたい。
サポートに徹します。

忙しさを言い訳になかなかブログを書くことができていませんでした。いけませんね余裕がないのは。 

皆様どうかよいお年を!本当にありがとうございました!

Pocket
LINEで送る