1. HOME
  2. ブログ
  3. 仕事論
  4. デザイン
  5. 誰に向けてデザインしてますか?プライドは捨てましょう。

BLOG

ブログ

デザイン

誰に向けてデザインしてますか?プライドは捨てましょう。

そんなプライドは捨ててやる!
私の好きな歌詞の一部ですが、変なプライドを捨てれないままでは、お客様に歩み寄ったアプローチはできなくなると思います。

例えばデザイナーはどこに向けてそのデザインをしているのかをしっかりと考えなければなりません。
どちらかというと専門職になるので、どうしてもデザイナー同士での張り合いを感じることがあります。

他のデザイナーを意識してデザインしていませんか?

例えば、Aという商品のチラシやWEBサイトをデザインするときに最初はそれをターゲットとするお客様に対して、どういう表現にするかなどをしっかり考えたりするのですが、、、、デザインを考えれば考えるほどクリエイターという職人気質が顔を出して、いつの間にか自分の作りたい作品をつくりたい、、、つまりクリエイターとして恥ずかしくない作品をつくってしまっていることが本当によくあります。

これは本当に危険で、例えば一部のクリエイターにしか解らないようなギミックなどをキーにもってくることなど本末転倒です。
ちょっとした遊びでやるならいいでしょう。

ゲーム業界も同じような流れを感じます

ゲームの業界にしても同じような風潮で、いつの間にか大切なユーザーがどんどん離れ、俗にいうオタク的な人にしか解らない仕様をどんどん発展させてしまい、いつの間にかどちらも満足させることができなくなっていると考えます。

TV-CMなどを見てもCMのクリエイティブとしては本当に面白く、かなり昔に比べて発展しているけど、本当にユーザーが欲しい!と思わせるCMはどんどん減っていると思います。

だから私は全くCMを見る気がしない。参考にならないから。

本質を見失ってはいけない

例えば”ジャパネットたかた”はクリエイティブな部分は見劣りしますが、驚異的な訴求力をもっています。いますぐ欲しい!と思わせる最高峰だと思います。
ああいう見せ方は絶対に無視してはならないと私は思います。
そんなプライドは捨ててやる!ことが重要です。

Pocket
LINEで送る