1. HOME
  2. ブログ
  3. 仕事論
  4. マーケティング
  5. 革。オリジナルの革製品を楽天で売るのは、相当無謀だからこそ

BLOG

ブログ

マーケティング

革。オリジナルの革製品を楽天で売るのは、相当無謀だからこそ

今日は革製品の楽天サイト立ち上げの打ち合わせを、サイドの仕事のあとに。

これだけ自分のことを必要としてくれることが本当にありがたい。

最初はできるかどうかもわからずにフリーとしてサイドの仕事をやりはじめたが、少しづつしっかりとした柱ができつつある。どうなるものか。
革。
革といっても本当に色々な展開がある。

今回のクライアントは、予想通り、自分が作った皮製品を楽天で売りたい。と。

僕はその依頼に、警告を促します。

「オリジナルの革製品を楽天で売るのは、相当無謀なことだと思います。」

なぜか。

確かに売れている店がすでにある。

売れそうに感じがちである。

だからこそ、今から売っていくことは、相当な広告宣伝費を用意できないのであれば、かなり厳しい。

商品の一つとして出すのはかまわないが、それを主力にするのは本当に並大抵のものではない。それが今の楽天サイトの特長でもある。

昔はよかった・・・。ということになってしまう。

だからこそ、革で別のアプローチを考えるのである。

それが僕の一つの役目でもある。

時代は変わっているのす。

Pocket
LINEで送る