1. HOME
  2. ブログ
  3. 仕事論
  4. カメラ
  5. 【初心者講座】カメラがうまくなる練習方法・撮り方(一眼レフ・スマホ)

BLOG

ブログ

カメラ

【初心者講座】カメラがうまくなる練習方法・撮り方(一眼レフ・スマホ)

※この記事はココロザシで運営しているYoutubeチャンネル「もーりーチャンネル」で投稿している内容をもとにアレンジしたものになります。

今日はですね、カメラが上手くなる方法を話したいと思います。
僕は一眼レフを持ち出して、カメラマンとしてもね、、 活動しだしてから、もう15年以上になるのかな?
なので普通の人よりは、カメラの事を分かってるつもりです。
ただ、プロカメラマンとして、カメラだけで活動しているわけではないので、 本当のプロカメラマンからすると、 もっと色々、知識があると思うんですけど、 僕がですね、完全に独学で、腕を上げた方法っていうのを話ししたいと思います。

【初心者講座】カメラがうまくなる練習方法・撮り方(一眼レフ・スマホ)その1 ガンガン撮影しよう

まずは「ガンガン撮れ!」ということです!
とにかく撮影をする!シャッターを切る!

これがめちゃくちゃ大事ですね。撮らないと撮影の本質は分からないですよ。

本とか、これ聴いてもらってる人もそうなんですけど、 そのyoutube とかでも、色んなテクニックとか、この数字を触った方がいいよとか、 色々あると思うんですけど、それを聞いてるだけでは、なかなか上手くはなれないですよね。

実践あるのみ!なんですよ。
カメラって基本アドリブなんですよね。

台本なんてカメラなんか、ないので、 細かく言うと、何か香盤表みたいなのがあって、、、 ロケハンしてから、もうここで撮影する。みたいなのありますけど、 でも、すべてはアドリブ力が、カメラマンには求められるんですよね。

【初心者講座】カメラがうまくなる練習方法・撮り方(一眼レフ・スマホ)その2 撮影が難しい環境でどんどん撮影する

カメラで求められる能力ていうのは、、、やっぱり「センスとアドリブ力とスピード」ですね。

この3つが高いレベルで求められるので、 それを身につけるために、 どうしていくかっていうのは、 まず1つは「ガンガン撮る!」って言うのと、 あとは普通に撮影するには難しい環境で、どんどんトライする。

暗所での撮影

難しい環境てのは、どういうものかというと、基本的に一つは暗所でよね。
暗いところで撮ると非常に難しい!
ぶれたりとか、思い通りに撮れなかったりとか、ってのがめちゃくちゃあるんですよ。

でもそれでも、撮り続けてどうやったら「綺麗に撮れるか」っていうのをやっていく。

僕の場合だと結構、結婚式で撮影したりとかもやりました。
結婚式って微妙に暗いんですよ。すごく撮りずらい。あとは熱帯魚の撮影ですね。
熱帯魚のネット販売やることがあったので、熱帯魚の撮影をしたんですけど、 熱帯魚ってやっぱり、めちゃくちゃ暗いし、動き回るんですよ、

動きの多い被写体の撮影

動きが多いってのは、2つ目の難しい撮影のパターンですね。
運動会だったりとか、モーターレースとか、そういうの撮るときも 非常に難しい。

でも、そうゆうのを試していく。どうやったらそれを綺麗に撮れるか、失敗しても別にね、 仕事して受けてないんだったら、問題ないので、僕はねもっとストイックにやるために仕事として受けて、 崖っぷちに立たされた状態で、やりましたけど、 そこまで出来る人って、なかなか少ないんじゃないかと思うので、 まずは、もう仕事を受けたつもりで、ガンガン撮ってみる。
そしたらもう、絶対ちゃんと撮らないといけないので、 どうしたらいいか、っての試行錯誤する。そしたら必然的に上手くなってくれるわけですね。

で、その辺ができるようになってくると、 もちろんその細かいのISO感度の知識だったりとか、シャッタースピードだったりとか、 大砲ですね、、 の知識とかも付いてくるので、その辺は体で覚えていく もう、頭で覚えるんじゃなくて、もう体に染み付いてくるんですよ。
このは明るさだったら、この数字を設定でキレイに撮れるとか、 これぐらいの設定すれば、割と流れるように撮れるとか、っていうのは、もう全部体で身についてくるんで。

それまで撮りましょう!

【初心者講座】カメラがうまくなる練習方法・撮り方(一眼レフ・スマホ)その3 トリミングをしてセンスを身につける!

最後にですね、これはカメラの部分じゃないですけど、やっぱりセンスを付けないといけないですよ。

いくらカメラや撮影の知識が付いたりとか、アドリブ力が付いても、センスが身に付かなかったら、 全然、いい写真撮れないんですよ。
これは「できてない人いっぱいいるなぁ」と思ってて、最近は、色々とカメラや撮影の知識やテクニックを学ぶところが増えたので、知識は持ってるんですけど、 そういう人に限って全然!センスがないんですよ!

これを改善するにはね、、僕は写真のトリミングをどんどんしてほしい。と考えています。

iPhoneとかでもね、「トリミング」画像を切り出したりとかができるので、 一番その魅力的に見える構図、、角度とかポーズが何なのか?っていうのを、バンバン写真をトリミングしていく!!その訓練を徹底的にやると、どんどんセンスついてくるんです。

何も考えずに、それっぽい感じに写真を撮って自己満足して終わらしてしまうと、センスは何も身に付かないです。
だからセンスをつけるために、どんどんトリミングをする。もうそれしかない!!

写真データをお渡しするスピード感も重要!

あとは、「スピード感」

SNSなどで使われることを考えると、お客さんによっては、やっぱり撮ったものを、すぐに欲しかったりするので。
今日のイベントの撮影写真が、3日後に仕上がるとかだと遅すぎるんですよ。

例えば全部、RAW(ロー)画像で撮っちゃったりすると、失敗しにくい安心感はあるし、クオリティは高められるけど、圧倒的なスピード感はなくなりますよね。
そしたら、やっぱりそこの使い分けですよ。
これは時間かけて クオリティー高いものにしないといけないという物はRAW(ロー)で撮る。
でも基本的に、今日撮って、今日渡したいみたいなところは、JPEG(ジェイペグ)で撮る。

だったら、JPEG撮影でも失敗しないような、撮りかたをしないといけないですし、 そうゆう臨機応変さとスピード感を身に付けないといけない。それも含めてアドリブ力とセンスが必要になるわけですよ。

【初心者講座】カメラがうまくなる練習方法・撮り方(一眼レフ・スマホ)まとめ

カメラがうまくなる練習方法・撮り方を全部トータルに考えると、とにかくシンプルに下記3つを徹底してやる!
これにつきます。

「ガンガン撮る」
「難しいものを撮る」
「トリミングしまくる」

是非やってください!絶対にカメラ上手くなります。

Pocket
LINEで送る