クリエイターにとってもお客様にとっても排除すべき2つのこと

いままで私はがっつり営業らしい営業活動をしたということはありません。
そもそも自分は営業的なスキルはあまりないと思っていることも一つの理由です。

クライアント様にしても仲間にしても最初は友人からの紹介などからが始まりでした。

そのご縁が本当に時に信じられないぐらいの広がりを見せ、現在も活動させていただいております。本当にありがとうございます。

 

”夢を叶える場を提供する”

私が一番重きを置いているところは、クライアント様と新しいはたらき方を志す仲間(ここではクリエイター)のどちらにもよい形を追求する、つまり”夢を叶える場を提供する”ことです。これからも変わりません。

SOHO、ノマドワーカー、そしてコワーカーなどの今まで社会でフルに活動ができにくかった、新しいはたらき方を志すメンバーを集めたチーム。
だから現状としては信頼性に欠ける部分が多いと言われても仕方がない部分もあります。

しかしながら、主婦であっても、俗に言われるニートであっても、サラリーマンの副業であったとしても”必ずしも実力がない”こととは一致しません。
むしろ、世間的には”ノーマル”であるサラリーマンよりある側面では優秀な人は多くいます。

そういった人を見つけ出し、その能力をフルに生かすことで食べていけるようにプロデュースし、クライアント様にも最適な人物をアサインできる環境をつくることを目指したいと思っています。

それぞれが好きなこと、得意なことをMIXさせる

1つの案件に応じて、必要なスキルは様々です。
可愛いデザイン、キレのあるイラスト、ニッチな業界に精通したマーケティング、売れるコピーライティング・・・など 同じクリエイティブであってもそれぞれ得手不得手があったりします。
それをしっかりディレクター的人物がまとめて集合させれば、最高にココロのこもったいいモノができます。

デザインがしたくてフリーランスをやっているのに、お客様との折衝で悩む・・・。
当たり前と言われるかもしれませんが、そこをしっかり仲間でサポートしあえれば、デザイナーはデザインに専念できるはずで、もっといいデザインができるはずです。

そしてその価値をしっかりと伝えて、いままで以上のプライスで取り組めればなによりです。

チームでなければ、向いていないことを仕方なくやっている人が多すぎます。
それって当たり前と本当に言えるでしょうか?

 

クリエイターを取り巻く環境で、微力ながら絶対に変えていきたい2つのこと

(1)クリエイターがクライアント様が知らない知識をもって、不満足なサービスを提供すること。
(2)クライアント様完全優位でクリエイター泣かせな発注をすること。

この2つはなんとしてもココロザシを介すことで排除していきたく思っております。
もともと私はクリエイティブな仕事をしている人間ではありませんので、かなりフラットな目をもったまま、クリエイティブな業界に入りました。
そこで感じたのが、この上記2つの事実です。今まで業界的には許されてきたことだと思うのですが、私は絶対におかしいと思っています。
これからの時代にはまったく合わない!と考えています。

だから、知識はすべてオープンに話すことをモットーにしておりますし、根拠なくプレゼン費のないコンペや、単なる案だしのような案件はすべて断っています。
実際、案だけ出させて他の安いところに実デザインをさせる・・・といったことも普通に行われていることを目にしています。

もちろんビジネス的には当然ありえることですが、人として・・・それはちょっと違うと私は思います。

仲間とともに変えたいですね。

とにかくまだまだ未熟な部分だらけですが、同じココロザシをもった仲間が増えていること、お志事をさせていただいているクライアント様が増えてきていることも事実。

真摯に受け止め、さらに精進したいと思います。

「合同会社ココロザシ」代表CEO。/自由に世界を旅しながら企業の売上をあげる経営者 コンサルタント&ノマドワーカー。150社以上の売上を100%伸ばす。毎日休みで毎日志事。毎月海外に行く生活も約3年/左利き/営業、デザイナー、エンジニア募集中。
詳しいプロフィールはこちら

Pocket
LINEで送る

Twitter


cocoro_moriokaのツイログ



facebook

関連サービス


ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法

空港ラウンジ

OMIYA!

ネトビジ!

オデ速!

ノマド的節約術