「やるか、やらないか。」モチベーションを高める全ては自分次第。2つのエンジンを使い分けよう

やるのか、やらないのか。
人のモチベーションを生み出す源には、全く違う2つのエンジンがあると言われています。
「ブラックエンジン」と「ホワイトエンジン」と言われるもの。

人がモチベーションを発揮する時に、どんなエンジンを使っているのかを理解できるようになれば、よりよい成長や成功をもたらすのは間違いありません。
僕自身もはじめはこの「ブラックエンジン」と「ホワイトエンジン」を理解せずに、とにかくがむしゃらに物事に取り組んでいたので、成長速度が遅かったと感じています。
2つのエンジンを使い分けてモチベーションが生み出されていることに最近気が付きました。

できるだけ早い段階でこのエンジンをしっかりと理解して、使い分けモチベーションをコントロールすることをオススメしたいのです。

2つのエンジン。それは一体どういうことなのか?
少し長くなりますが重要なポイントを説明しますので、じっくりお読みいただければ幸いです!

ブラックエンジンとは?

「ブラックエンジン」とは、恐れやプレッシャーなどによる動機のことで、

『このままでは会社をクビになって生活できなくなる』
『失敗したらまわりにどう思われるか考えると恐ろしい』などといったものからくる動機だそうです。

この場合常に、
「何か不足するのではないかという不安」
に直面していますから、ストレスを抱えながらもずっと盲目的に走り続けることになりがちです。

また、自分を守ることに必死ですから、そのエネルギーが外に向かっていき攻撃的になったり、他人を蹴落としてでも自分の利益を得ようという、利己的な考え方にも陥りがちです。

例えば、いわゆる「ブラック企業」と言われているような会社では、従業員の「ブラックエンジン」がフル稼働している姿が容易に想像できますし、現在では多くの組織で、または家庭や学校でも、この「ブラックエンジン」を稼働させざるを得ない場面は多いのかも知れません。

しかし、逆にずっとこれを続けていると自分自身が「ガス欠」になって動けなくなってしまうこともあります。

ホワイトエンジンとは?

一方、「ホワイトエンジン」というのは、感謝や貢献、信頼からくる動機のことで、「お世話になったあの人たちのために頑張ろう」や「純粋に社会や誰かの役に立ちたい」などといったものからくる動機です。

この場合は、自分自身や社会や他人のことをポジティブにとらえていて、「他人を満たすことで自分自身も満たされる」という思いの元で行動しますから、互いに満たし合うプラスの連鎖が起きていきます。

良い意味での「相互依存」「助け合い」「共生」という感じかと。

決して簡単ではありませんよね。

ビジネスでもスポーツの世界でも、本当に強い組織やチームはこうした「ホワイトエンジン」がベースになっているそうです。

どちらが良いとか悪いとかではない。

人のモチベーションは、これら2つの動機をもとに生み出されると言われていますが、こう書いてしまうと、「ホワイトエンジン」は良くて、「ブラックエンジン」は悪いもののように感じるかもしれません。

ですが、必ずしもどちらが良いというわけではありません。

「ブラックエンジン」は爆発的なパワーも持っていることがあり、場合によってはこの「ブラックエンジン」の力が必要になってきます。

人間ですから、人生においてピンチや苦境に立たされることは何度もありますよね?
僕も何度もあります。

そんな時に力を発揮してくれるのが「ブラックエンジン」なんですよ。

しかし、ずっと長い間この「ブラックエンジン」だけを作動させ続けていると、色々なところに悪影響が出てくる。

人間は社会的な生き物ですから、結局のところ一人では持続的な成功することはおろか、本当の幸せを感じることはできない。

「ブラックエンジン」だけだと自分だけの成功しか得られない訳ですよ。

普段どちらのエンジンを作動させていることが多いでしょうか?

どちらかのエンジンしか、、、、特に「ブラックエンジン」しか作動していない人も多いのではないでしょうか。

ブラックエンジンが動きやすい世の中

当然なんです。

現実社会の中では「恐れや不安」をあおるメッセージで溢れていて、そんな中で「ホワイトエンジン」を作動させるのは簡単ではないからです。

また、中にはどちらのエンジンも作動していないような人もいるかもしれませんが。。。。。。

ずっと「ブラックエンジン」を作動させてきたから、ガソリン切れになりかけている人もいるかもしれません。

そんな時は、自分の『ホワイトエンジン』を動かしてみましょう!

最初はなかなかうまく動かないかもしれません。
長年使っていないとエンジンが温まるまでに時間がかかることもあるからです。

ホワイトエンジンは誰にでも搭載されている

この「ホワイトエンジン」は誰にでも搭載されており、使っていればうまく動くはず!

「ブラックエンジン」を動かすために必要なガソリンが「恐れや不安」であるとするなら、「ホワイトエンジン」を動かすために必要なガソリンは「感謝や信頼」です。

成功した企業や個人、実績を残したチームや選手はいつの時代でもいるわけですが、その後成功を持続させることができるのは、さらに限られた人たちだけです。

両方のエンジンをうまく使う

成功の持続にはこの「ブラックエンジン」と「ホワイトエンジン」が大きく作用していると言われてます。

そもそも、成功者たちの多くは持ち前のハングリー精神で成功をつかみます。 いわば「ブラックエンジン」をフル稼働させるようなものです。

脇目も振らず一心不乱に突き進んだ結果、成功を手に入れるというパターンがほとんどではないでしょうか。

ただし、「ブラックエンジン」だけでは持続的な成功は見込めません。

成功を持続的なものにしていくためには周りや仲間の協力が絶対に必要ですし、自分自身のモチベーションも維持しなくていけませんから、ここからは『ホワイトエンジン』を始動させていかなくてはいけないわけです。

両方のエンジンの使い分けができるかどうかが、持続的成功のキーポイントになります。これができれば成功は持続しますし、できなければ成功は一時的なものとして終わるはずです。

持続的な成功をしている人や企業を見れば、それは明らかなはず。

すべての成功・成長は自分次第

全ての成功・成長というのは「気の持ちよう」から始まるものです。

「やるか、やらないか」自分次第なんです。
グダグダと言い訳するのも自分次第。覚悟決めてやるのも自分次第。

能力の差ではありません。

いい加減逃げるのはやめませんか?
ダサい大人になっていませんか?

両方のエンジンの使い分けて、長く続く成功をつかみ取りましょう!

ココロザシ代表。毎月旅する経営者。

ホンモノにスポットライトを当てたい!個人〜大企業の約150社売上UP実績。売上UPを実現して好きなことで生きてほしい。

リラクゼーションサロン経営。(
note書籍『毎月旅して生きていく』(
詳しいプロフィールはこちら
売上UPサポートについてはこちら

Pocket
LINEで送る

twitter

cocoro_moriokaのツイログ

facebook