10年後AIやロボット、「新しい働き方」が圧倒的に増えた時どうなるか?

Pocket
LINEで送る

ここのところ、「新しい働き方」に関する話題をよく見るようになりました。

僕からしたら10年前以上から実践しているので、何を今更という感じではあるのですが、やっぱり予想以上にそういう波が来ているなと感じます。

5年前は「事務所を持たず、人も雇わずにパソコン一台でやってます!」みたいなことを言うと、ほぼ確実に「えっ?どういうこと?そんなことが成り立つの?」みたいなことを聞かれたものです。

でも、最近は疑問を持たれるどころか「いいですね!これからの時代はそれがいいですよね!」みたいな反応に変わってきました。

僕としてはこれで安住するのではなく、この先10年後にどんな動きになるか、想定して先に動きたいと思っています。

AI、ロボットはもちろんですが、今で言われるところの新しい働き方がかなり浸透した時にどんなことが予想できるでしょうか?

そして僕たちはどう動いていくべきなのか?

新しい働き方

今以上に同じようなことをする人が乱立する

今僕らがやっているような「新しい働き方」をする人が、これからの時代に圧倒的に増えるということは、サラリーマンやブラックに働き詰めの人は減ってきて、これからますます僕らがやってるようなビジネスをする人が増えることは間違いないです。(ベーシックインカムが実現すればちょっと流れは変わるかもですが)

ということは、今では新しいことでも将来的には同じようなことをやってる人がウヨウヨいる状態になる。

つまり、相当「抜きん出た能力」や「運」がないと、大きく稼ぐことは難しいし生き残れないんじゃないかと思うのです。

暇を持て余す人もきっと増えるでしょう。僕のビジネスモデルもさらに10年後なんかは、今のままでは成立しない。

ブラック企業を叩く風潮が加速しているのも、こういう時代への種まきだと考えています。

今のうちに動け!まだ間に合う。

ではどうすればよいのか?

僕はシンプルだと思ってて、「とにかく今動け!!」ってことです。

同じようなことが乱立する世の中で生き残るには、圧倒的に突き抜けるか、まったく違うことをするか、積み上げてきたブランディングがキモになると思うんです。

今までのことを圧倒的にするにしても、新しいことにチャレンジするにしても「とにかく今動け!」です!

ブランディングで重要な「認知度を高める」という所は、圧倒的な資金力か時間が必要になります。

資金力がない(と決めつけてすみません!)僕らができることは、時間をかけて認知度を高めていくしかありません。

だから「とにかく今動け!」ってことなんですよ。
そして認知をしてもらうためにも、やり続けることが大切。

まだ間に合います。

あと数年後には、何をやっても、すでにみんなやっているので間に合わなくるでしょう。
暇を持て余してしまうだけになるかもしれません。

今気がついた人は、まだまだ稼ぐチャンスがあるということです!

しっかりチャンスをものにしましょう!

「合同会社ココロザシ」代表CEO。/自由に世界を旅しながら企業の売上をあげる経営者 コンサルタント&ノマドワーカー。150社以上の売上を100%伸ばす。毎日休みで毎日志事。毎月海外に行く生活も約3年/左利き/営業、デザイナー、エンジニア募集中。 詳しいプロフィールはこちら

Twitter


cocoro_moriokaのツイログ



facebook

関連サービス


ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法

空港ラウンジ

OMIYA!

ネトビジ!

オデ速!

ノマド的節約術