1. HOME
  2. ブログ
  3. 新しい働き方
  4. コワーキング・フォーラム関西2012に参加して学んだ4つのこと

BLOG

ブログ

新しい働き方

コワーキング・フォーラム関西2012に参加して学んだ4つのこと

2012年11月17日、当日スタッフとしてコワーキング・フォーラム関西2012に参加させていただきました。
コワーキングに関わる有志の方々のチカラを結集して開催されたこのフォーラムは、本当に学びの多い貴重な時間となりました。

個人的な都合で、いままでよりもコワーキングとの関われる時間が減るだろうことも含めて、私とコワーキングはどんな関係にあったかなぁなどと考えるキッカケになりました。

1つ コワーキングで数多くの仲間と出会った。

私自身コワーキングを知ったのはちょうど1年前ぐらいですが、本当にコワーキングをきっかけにして多くの人と出会い、実際に一緒に志事をする仲間もできました。今後の可能性も含めて考えると、一緒に志事したいなと感じている人も本当に多くいます。
これにはただただ感謝すると同時に、サラリーマンであろうが主婦の人であろうが、もっとコワーキングして仲間、コミュニティを作ればよいと思います。

2つ コワーキングを通じて顔を合わせることの大切さをしった。

ココロザシは事務所を持たないスタイルでやっていたことで、メリットも大いにあるのですが、やはり同じ場で顔を合わせてコミュニケーションをすることの重要性を感じさせてもらいました。
実際にコワーキングスペースに行った時に、人がいることにホッとすることも事実です。人間である以上やっぱり人と触れ合うことに喜びがあるはずなんです!
そしてコミュニケーションから無限大の発想が生まれる。

3つ コワーキングを通じて助けあいの精神を改めて考えさせられた。

コワーキングに関わる大半の人が、見返りを求めない助けあいの精神をもっています。
これは本当にすごいことで、そのまさに結集されたものの一つが今回のコワーキング・フォーラム関西2012ですね!
私は当日スタッフでしたが当日スタッフなんて本当に実行委員の方々の様々なアクションに比べれば、本当に何もしていないレベル。
それほど、実行委員のみなさんは、相当な苦労を重ね一つの目標に向かったのだと思います。

4つ コワーカーは能力が非常に高いんです。

あと気づいたことなのですが、今のところコワーキングで出会った方々の能力が非常に高いことに驚いています。
これはやはりスキルアップに貪欲な方や情報に敏感な方が非常に多いこと、そしてコワーキングに触れることで人間性もどんどん良化しているような気がしています。
このことにもっと各企業様が気づいてなんらかのアクションをすれば、企業様にとってもコワーカーにとっても明るい未来が待っているのではないかと思っております。

来年が試金石。

今年はコワーキングに本当に大きな可能性を感じさせていただいた年でしたが、色々な意味で来年は試金石になるのではないかと、直感的に感じています。
私もコワーキング、特にカフーツには随分助けていただいたので微力ながら恩返しをしていきたい。

まだ体験したことがない皆さん、まずは一度一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

ようこそ、コワーキングの旅へ。

参考:複業こそノマドライフを実現させる。「ノマドライフ」読ませていただきました。
参考:【あなたはどう?】これからの時代、働き方・価値観はひとつではない
参考:サラリーマン?独立?何が目的ではらたくの?
参考:フリーな働き方ができる人は台湾に住んでも良いのではと思う6つ理由
参考:極めて自由な時間の中で気づけた6つの大切なこと。
参考:これからの時代のフリーエージェント的価値観

Pocket
LINEで送る