1. HOME
  2. ブログ
  3. 新しい働き方
  4. サラリーマン。独立。企業。会社。在宅。仕事はどのスタイルがいい?

BLOG

ブログ

新しい働き方

サラリーマン。独立。企業。会社。在宅。仕事はどのスタイルがいい?

2014年5月にしばらく自宅療養をさせていただいて、本当に色々なことを考えることができました。

ざっくりと言うなら、久しぶりにすごく俯瞰した視点で世の中の動きを見ることができたかもしれない。
とはいえ、あくまでも自宅から見える情報だけなので、限定された空間です。

RSSリーダー、Twitter、、Facebookなどをメインとして流れる情報をいつも以上に追うことはもちろん、自分から様々なことを調べたり、書籍を読んだり、、、、

そんな中で「サラリーマン。独立。どっちがいい?うまくいく?」みたいな風潮を感じ、いろいろと思ったことがあるので、書き残しておこうと思う。

会社。独立起業。何のために私達は働くのだろう?

会社での愚痴を吐き出す人、独立願望をさらけ出す人、大きく見せる人、自慢話だけをする人、、、、など様々ですが、それらを流し読みをしていて、ふと何のために皆働いているのだろう?と考えたわけです。

やはりお金のために働くのだろうか?
もちろんお金は必要なことに違いないが、もしお金に不自由しなくなったら働かないのか?
何のためにお金が必要なのか?

意外とすべてを紐といて信念がもててる人って少ないのではないのか?

それより、目の前の嫌なこと。焦り。楽しさ。期待。周囲の煽り。
どうしても目の前のことに一喜一憂してしまうものだけど、本当に冷静になって長期的な視点を持ち、目的を理解すれば、おのずとどう行動するべきか見えてくるはず。
人生は長いけど一度きりです。

独立起業することがゴールになっていないか?

独立した人と話しても、サラリーマン気質が抜けてない人が多くいますし、サラリーマンなのに完全に起業家精神や経営的なものの見方をする人は多くいる。
カタチにこだわること自体が無意味だと思うし、自分がどうあるかこそ大事だろう。

経営者だろうが個人事業主だろうがサラリーマンだろうが、別にどんな生き方も構わないとは思う。
自分にあっている、自分が好きなスタイルでやればきっといい。
そもそもそういう切り分けをする必要すら感じないです。

自分の人生として自分は何を成し遂げたいのか?

それがしっかりとわかっていれば、独立することも、サラリーマンであることも一つの手段でしかない。
成し遂げたいことができる方を選択すればよいと思うのです。

ただ、これはあくまでも私の意見ですが、上司に媚びたり、言われたことだけをロボットのようにやったり、時給換算でしか物事を考えられないようなサラリーマン気質はまったく賛成出来ない。

〜してくれない。〜な環境だからできない。〜と言われたからやりました。というような視点は、否定はしませんが私はまったくつまらないと感じます!楽しいのかな?

独立しててもそんな動きをしている方は多く、カタチは代表や社長として動いているのに、やっていることはサラリーマンと何ら変わりない、むしろそれよりもひどいというパターンを私レベルでも多く見た。
そういう人に限って、肩書きにこだわったり、横柄な振る舞いだったり。

本当にもともとそういうことがしたかったのだろうか?
稼げることをやるのもいいかもしれませんが、それだけでは私はつまらないなと思います。

サラリーマン?独立起業?働き方は決して1つでもないし、2つでもない。

働き方は決して1つでもないし、2つでもない。組み合わせも可能で自分次第で無限大に方法は存在します。なんだって生きていける。
もっとフリーに考えれば、きっともっと楽しくなるはず。

目の前に襲いかかる不安や恐怖よりも、自由になんでもできるんだ!というワクワクを強く感じたい。

私は独立したことをフリーな働き方と定義したいのではなく、何が起きるかわからないこれからの時代、いつ、どんな状況でも、どんな風にでもできる働き方・考え方をフリーな働き方と考えています。
白か黒かだけで考えるのはナンセンス。

本当にやりたいことはなにかをもう一度考えてみるといいかもしれないですよ?
もちろん自戒も込めて。





Pocket
LINEで送る