ノマドワーカーにプライベートと仕事の切替は必要?世界の好きな場所で好きな人と好きな時間に仕事しよう

Pocket
LINEで送る

オンオフ切り替えずに仕事
ノマドワーカーとして活動しているとよく聞かれるのが、

「いつ休んでいるんですか?」とか「いつ寝てるんですか?」ということ。

個人で動き出したころから、なんでこんな事を聞かれるんだろう?とか非常に違和感を感じていたのですが、どうやらこういうことじゃないのかな?と思うようになってきた。

海外にも色々行っているので、時差の問題など発生するのですが、我ながら今のところは時差をできるだけ感じさせない動きができているのではないかと思っています。
今回もロサンゼルスに行ってきましたが、国内で仕事をしてくれるメンバーと私が連携することで、制限が生まれるどころか24時間体制の形を作れたと思っています。

1年で1番慌ただしい時期ですし、ココロザシとしても12月から大きく内部の体制を変えて大変な時期だったのですが、なんとか乗り越えられそうです。

プライベートと仕事の切り替えなんて必要ない。仕事も遊びも人生そのものだから

ハッキリ言って日々の生活にプライベートと仕事を切替えるオン・オフの切り替えなんて必要ないと思っています。
今から遊ぶ、今から仕事するなんて全部自分で決めちゃえばいいし、遊んでいる間も仕事のこと考えてるし、仕事している間も遊びのことを考えてる。

今だと平日にちょっと仕事して、午後からホノルルマラソンに向けてランニング、そこから娘を迎えにいって習い事に送ってからそのまま車で仕事とか。
午前中に嫁さんとショッピングに出て行って、カフェに立ち寄り、午後からお客様のところに訪問とか。
ショッピングなんかは私は視察としていい時間になりますし、その間もスマホでチャットワークのやり取りなどをします。
作業が必要になれば、すぐにスタバなどに立ち寄って作業をします。

だって、娘とも会いたいし、嫁さんともできだけ時間とりたいし、仕事もしたい。お客様のところにも訪問もしたい。仲間にも会いたい。海外もいきたい。
後悔したくないから、ぜーんぶやるんです。

私はこれが特別ではなく当たり前です。だからどこに行くにもPCは持ち歩いています。
すべてが自分の人生でありライフワークそのものだから。

オンオフ切り替えて仕事しなくても毎日が楽しいんですよ。
何かを言い訳にして我慢しながら生きていく、人生としてもったいないんじゃないかな?と思う。

生活するため、お金のため、老後のため。色々な意見があると思います。
もちろん大切なことだと思います。

そんな中、自分の周りには”極貧の状態でもなんとか色々楽しみながらチャレンジすることで大成して人生を楽しんでいる方””月5万の生活費で世界を飛び回り楽しんでいる女性の方”もいますし、”車で日本一周しながらノマドワーカーとして生きるデザイナーさん””遊んでいるように見えてサラリーマンの何十倍も稼いでいる人”もいます。

自分の生きたいように生きることは決して無理なことではなく、もっと好きなことや楽しいことをオンオフ切り替えずにやって稼ぐことが可能なんです。

プライベートと仕事を切替える。サラリーマン的感覚に頭を支配されていた

個人でノマドワーカーとして動くまでは仕事をする日、休む日はきっちりわけるという、いわゆるオンオフ切り替えて仕事をする意識でいたような気がします。
よくある忙しい時期は休みを削ることはあっても、忙しくない時期もいつもと同じように出勤する。

もちろん様々な価値観があっていいと思うのですが、私の価値観ではこれって消耗するしかないんじゃないかな?と今では思うのです。

別にこれは悪くないと思うのですが、ノマドワーカーとしてはまったく必要がない常識ではないかな?と思います。

自由に動き回れるメリットがあるのに、今日は仕事の日だから動けない。
急ぎの仕事があるのに休みの日だからできません。というのはナンセンスではないかと。

確かに現状は土日がお休みのお客様が多いので、土日は緩やかな動きになります。
子供のイベントなども土日にありがちなので、土日が休み感覚といえばそうなるかもしれませんが、意識としては休みという意識ではありません。

土日に稼働されているお客様や仲間と仕事のやりとりをすることは当たり前ですし、別にマイナスとも思いません。
それはやっぱりオンオフ切り替えて仕事をするという発想自体がないからです。
もしこのオンオフ切り替えて仕事をするという感覚だと、ノマドワーカーとしてはストレスに感じることも多いだろうと思います。

今の時代だからこそできる。世界の好きな場所で好きな人と好きな時間に毎日休みで毎日仕事にしよう。

これって本当に今の時代だからこそできることで15年前とかではなかなかできなかった。
でもここ10年ぐらいで、ノマドワークができる環境が広がりました。

・モバイル回線の進化
・ノートパソコンの進化
・クラウドサービスの進化

そして受け入れてくれる企業様が増えたことも含めて、アフィリエイトなどの稼ぐ方法も大幅に選択肢が一気に増えましたね。

少しでもチャレンジしてみたい方、サラリーマンとして居心地が悪い方、会社としても無駄が多いと感じている経営者の方、その発想自体をシフトさせる時代はもう来ていると思うのです。

時給的に物事を考えるな、プライベートと仕事の切り替えは必要ない。やることはちゃんとやれ

自由に生きるということで勘違いしてはいけないのが、なんでもいい加減にやるのではないということ。
仕事も遊びもみんな本気なんです。

これはあくまでも私の経験上の話ですが、私がフリーランスの人と組んで仕事をするのは、フリーランスの人のほうがいい加減な人が少ないからです。
守られている立場ではないので、時給的に物事を考えず主体性がある人が多い。

逆にこの辺りをいい加減にしたり、受け身な仕事のスタイルの方は淘汰されていっている気もします。
このあたりは上司が育てるとかそういうことではなく、みんな当たり前にやるのです。

オンオフの切り替えなんてやめて、世界の好きな場所で好きな人と毎日休みで毎日仕事にしよう。。

あっ!ちなみに私は結構睡眠時間とれてますよ。目覚ましも基本的に鳴らさないので満足いくまで寝てます。
サラリーマンの時よりはかなり健康的に生活出来てると思います。

ぜひ、騙されたと思って実践してみてください!

関連記事

  1. 事務所も持たない、従業員も持たない、、持たないスタイルでどこまでできる…

  2. 自動運転車によるGoogleとトヨタの圧倒的な狙いの違いから考えるビジ…

  3. 【世界を旅しながら好きな人と好きな仕事】人生一度きりだからこそ後悔しな…

  4. フリーな働き方ができる人は台湾に住んでも良いのではと思う6つ理由

  5. コワーキング・フォーラム関西2012に参加して学んだ4つのこと

  6. フリーなはたらき方で本当に納期は守れるのか?

  7. 複業こそノマドライフを実現させる。「ノマドライフ」読ませていただきまし…

  8. ノマドワークを実践して感じた3つのメリット・2つのデメリット

関連サービス


神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ

ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法

空港ラウンジ.com

OMIYA!

ネトビジ!

オデ速!

ノマド的節約術




Twitter


cocoro_moriokaのツイログ