前向きに「期待をしない」ことで、感謝して穏やかに生きる。

以前は色々と何かに期待することが多くて自分が落胆することが多くありました。

海外に行けば、日本とのサービスレベルの差にガッカリしたり、怒ったりする人がいます。

期待などしなければ、つまらないことで感情的にならずによりよく生きることができると思いませんか?

もっとより良く生きるためには、何に対しても期待をしないことがよいのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

今日はそんな話を書きたいと思います。

期待するから落胆するんです

例えば、人に何かをお願いするときに、人はそのお願いした人に対して何かを期待してしまいます。

でも、その期待に対して他人が変わることは、ハッキリいってあまりないですよね。
期待はずれな結果になることの方が多い。

でもそれって、あくまでも自分が勝手に相手に期待していたこととのギャップがあるだけの話。その人が悪いわけではない。

期待するから落胆しちゃう。
特にネガティブに捉えてるわけじゃないんです、あくまでも前向きに期待しない。

大切なのは人をありのままに受け入れることです。

期待しないから感謝できる

本当に受け入れると言うことは、何も要求せず、何の期待もしないということです。

感謝の気持ちって、自分が想像していた以上のものを与えてもらった時に強く発生しやすいものですよね。

だからこそ、期待しないでいると、想定以上、、、いや想定もしていないので、素直に驚くことが多くて感謝することも増えるんです。

そんなオトクなことはありませんよね!

期待するのをやめるだけです!

それだけで自分の物事の捉え方が大幅に変わるんですよね。

日本人はサービスに対しても過度な期待がある

海外に旅していると、あきらかに日本よりもサービスの質が落ちるのですが、僕はまったく怒りの感情もわいてこないです。
むしろ何も期待していないので、滑稽にすら思えてきます。
すごく穏やかに過ごすことができるんですよね。

これが日本のサービスを期待してすごしていたら、もうすべての対応に対してクレームを出さなければならないレベル!

それぐらい日本人は、あらゆるサービスなどに対しての期待が、知らず知らずにあるのではないかと思うのです。

日本人は減点法で物事を考えるというのも似ていますね。

それによって高いサービスレベルを保てているのは事実だと思うのですが、それによって日々イライラしてしまうのであれば、期待することをやめてみましょう!

新しい世界がきっと見えてきますよ!

ココロザシ代表。毎月旅する経営者。

ホンモノにスポットライトを当てたい!個人〜大企業の約150社売上UP実績。売上UPを実現して好きなことで生きてほしい。

リラクゼーションサロン経営。(
note書籍『毎月旅して生きていく』(
詳しいプロフィールはこちら
売上UPサポートについてはこちら

Pocket
LINEで送る

twitter

cocoro_moriokaのツイログ

facebook